美歯口30日ホワイトニングのキシリトールは虫歯の予防になるの?

美歯口30日ホワイトニングキットには、虫歯の予防成分といわれる「キシリトール」が配合されっています。

キシリトールと聞いて、最初に思い浮かぶのはガムなどでしょうか。

ガムや歯磨き粉など色々なものに使われています。

しかし実際にはどのような効果があるのでしょうか。

今回は効果や副作用はあるのかなど、「キシリトール」に関する情報を集めました。

キシリトールのもとは天然の甘味料

キシリトールはキシロースというものからできる一種です。

簡単にいうと元々はカバノキという樹木から発見された天然の成分です。

スースーする独特の清涼感があり、甘さがあります。

ミント系の嗜好品に使われることが多い天然の甘味料です。

美歯口30daysのキシリトールの効果と副作用は?

キシリトールには、下剤の作用が少しながらあります。

よくガムのパッケージに記載されていますが、「食べ過ぎると一時的にお腹がゆるくなることがあります」という文言は、キシリトールが主に原因となっています。

しかし、それ以上の危険性や副作用はないとされています。

幅広く使われている成分なので、安心して大丈夫と言える成分だと思います。

美歯口30日のキシリトールの効果

キシリトールを配合している歯磨き粉は多く販売されています。

今回紹介している「美歯口 30Days Whitening Kit」もそのうちの1つです。

一体キシリトールにはどんな効果があるのでしょうか。

まずは虫歯の主な2つの原因をみていきましょう。

虫歯の原因

ミュータンス菌

ミュータンス菌

ミュータンス菌はもっとも有名な”虫歯菌”として知られる細菌です。

ミュータンス菌は、糖質と一緒になると歯の表面に付着する性質があります。

付着したミュータンス菌が集まって大きくなったものがプラークと呼ばれるものです。

このプラークは虫歯へと繋がる酸をつくりだしまうのです。

酸は歯のエナメル質などを溶かすことで虫歯へとなっていきます。

この酸による侵食が進むことで、腫れたり激痛になっていってしまうということです。

簡単に結論をいうと、この2つの原因を抑制してくれるのがキシリトールということになります。

キシリトールの効果

酸を作らない

ミュータンス菌はキシリトールからは酸をつくりだすことができません。

虫歯の原因となる酸をつくりだせないので、虫歯の予防に効果的といわれているわけです。

ミュータンス菌の抑制

ではそもそもの虫歯菌であるミュータンス菌はというと、キシリトールからでは酸をつくれないので、活動することができず、菌は弱まっていきます。

歯を強くする

もっとも注目されている効果としては、キシリトールは歯の石灰化を促すことが期待されています。

歯の再石灰化が促進されることで歯が強くなるという特徴があります。

この成分から名前をとった有名な緑色のガムはこの効果を強調している商品と言えるでしょう。

美歯口とキシリトール

今回は「美歯口30days Whitening Kit」にも配合されているキシリトールの効果と虫歯の予防についてみていきました。

ホワイトニングをする上で口内環境はとても大切です。

また歯の黄ばみや口臭、虫歯、歯周病などには関係性があるので、全てケアできるように日頃の歯磨きを徹底するようにしましょう。

美歯口の詳細はこちら

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です